先頭に戻る

2S~4S ModelGauge m5 EZ残量ゲージ、プロテクタ、内部自己放電検出、およびSHA-256認証内蔵

業界最低IQのスタンドアロンマルチセル残量ゲージ、プロテクタおよびSHA-256認証内蔵

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • バッテリヘルス + 設定可能な安全性/保護
    • 過電圧(温度依存)
    • 過充電/過放電/短絡電流
    • 過熱/過冷
    • 低電圧 + SmartEmpty
    • バッテリ内部自己放電検出
    • 充電フォルト時の理想ダイオード放電
    • 充電規定(JEITA)
    • CHG FETによる予備充電制御
  • ModelGauge m5 EZアルゴリズム
    • パーセント、容量、エンプティまでの時間/フルまでの時間、経年
    • Cycle+経年予測
  • 較正なしで高精度の測定
    • 電流、電圧、電力、時間、サイクル数
    • チップ温度、4つのサーミスタ±1℃
  • 内蔵FETによるセルバランシング
  • SHA-256認証
  • 不揮発性メモリによってスタンドアロン動作を実現
    • 履歴ロギング、ユーザーデータ(84バイト)
  • 低自己消費電流
    • FETイネーブル:38µA (アクティブ時)
  • プッシュボタンウェイクアップ-ボタン押下までシステム消費を除去
  • 常時オンLDO
  • ダイナミックパワー-電力能力を推定
  • SBS 1.1対応レジスタセット

アプリケーション/用途

  • デジタルスチル、ビデオ、およびアクションカメラ
  • ハンドヘルドコンピュータ、無線、および端末
  • 医療機器、ヘルスおよびフィットネスモニタ
  • 電動工具、ワイヤレススピーカ、およびドローン
  • スマートバッテリおよびバッテリバックアップ
  • スマートフォン、タブレット、および2-in-1ラップトップ

説明

MAX17320は、2S~4Sリチウムイオン/ポリマーバッテリ用の38µA IQのスタンドアロンパック側残量ゲージICで、プロテクタ、バッテリ内部自己放電検出、およびオプションのSHA-256認証を内蔵しています。

このICは、電圧、電流、温度、およびバッテリの状態を監視し、過電圧/低電圧、過電流、短絡、過熱/過冷、過充電、および内部自己放電状態に対して外付けハイサイドN-FETを使用する保護を提供するとともに、充電規定の提供によってバッテリが安全な条件下で動作することを確保し、バッテリ寿命を延長します。このICは、内蔵FETを使用してセルのバランスを取ります。予備充電時、このICはCHGFETを使用して充電をリニアに制御します。

バッテリパックのクローン作成を防ぐため、このICは160ビット秘密鍵によるSHA-256認証を内蔵しています。各ICは固有の64ビットIDを備えています。

この残量ゲージは、クーロンカウンタの短期的精度とリニアリティ、電圧ベース残量ゲージの長期的安定性を組み合わせたマキシムのModelGauge m5アルゴリズムを使用して、業界トップクラスの残量ゲージ精度を提供します。このICはセルの経年変化、温度、および放電率を自動的に補償し、広範囲の動作条件にわたって高精度の充電状態 (SOC)をミリアンペア時(mAh)またはパーセント(%)で提供します。

このICは、フォルト条件下でもセルに過負荷をかけることなくシステム側の小さい重要な負荷に給電することができる、設定可能な常時オンLDOを提供します。ダイナミックパワー機能は、最低システム入力電圧に抵触することなく、システムに供給可能な瞬時最大バッテリ出力パワーを提供します。

マキシム1-Wire®または2線式I2C/SMBusインタフェースは、データおよび制御レジスタへのアクセスを提供します。このICは鉛フリー、30ピンWLP (2.4mm × 2.6mm、0.4mmピッチ)および24ピンTQFNパッケージ(4mm × 4mm)で提供されます。

簡易ブロック図

MAX17320:簡易ブロックダイアグラム MAX17320:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。