先頭に戻る

12チャネル高電圧データ収集システム

安全性、性能、および信頼性に関する最も厳しい車載および産業用OEMの要件に適合

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • AEC-Q100グレード2温度範囲
    • -40℃~105℃
  • 動作電圧:9V~65V
  • 超低電力動作
    • スタンバイモード:2mA
    • シャットダウンモード:2µA
  • 12のセル電圧測定チャネル
    • 精度:2mV (3.6V、+25℃)
    • 精度:5mV (0℃~+45℃)
    • 精度:10mV (-40℃~+105℃)
  • 12のセルバランシングスイッチ
    • 最大150mA (チャネル当り)
    • 緊急放電モード
  • 2つの温度測定チャネル
  • チップ温度測定
  • 自動過熱保護
  • 29の電圧スレッショルドアラート
    • 12の過電圧フォルト
    • 12の低電圧フォルト
    • 2つの過熱フォルト
    • 2つの低温フォルト
    • 1つのセル不整合アラート(最高のセルと最低のセルの差)
  • 4つのGPIO
  • 内部診断機能によってASIL DおよびFMEAの要件に対応
  • バッテリマネージメントUARTプロトコル
    • デイジーチェーン:最大32デバイス
    • 通信ポート絶縁
    • ボーレート:最大2Mbps (自動検出)
    • 伝播遅延:1.5µs (デバイス当り)
    • パケットエラーチェック(PEC)
  • 出荷時調整済み発振器
    • 外付け水晶不要
  • 64ピンLQFPパッケージ(10mm × 10mm)

アプリケーション/用途

  • バッテリパック
  • バッテリシステム
  • 電動自転車
  • 電気自動車およびハイブリッド車(HEV)
  • ハイパワーバッテリバックアップシステム
  • 高電圧、マルチセル直列スタック-
  • パワーツール
  • SuperCapバックアップシステム

説明

MAX17823Bは、高電圧バッテリモジュール管理用のデータ収集システムです。このシステムは12ビットSAR ADCを備え、12のセル電圧および2つの温度を161µsで測定することができます。セルバランシング用の12の内部スイッチおよび広範な内蔵診断機能があります。最大32のデバイスをデイジーチェーン接続して、384セルの管理および64の温度監視を行うことが可能です。

セル電圧(0V~5V)は、65Vのコモンモード範囲にわたって差動で測定されます。セル測定精度は2mV (typ、3.6Vセル、25℃)です。オーバーサンプリングがイネーブルの場合、チャネル当り最大128の測定値を14ビット分解能で内部的に平均することができます。このシステムは、ICのチップ温度を内部測定することによって熱過負荷発生時にICをシャットダウンすることができます。

このシステムはマキシムのバッテリマネージメントUARTプロトコルを使用して堅牢な通信を実現し、12チャネルバッテリモニタのMAX17880と組み合わせて使用した場合、高い安全度水準を必要とする車載バッテリマネージメントシステムに最適です。

簡易ブロック図

MAX17823B:ファンクションブロックダイアグラム MAX17823B:ファンクションブロックダイアグラム Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。