先頭に戻る

高効率、3出力、低電圧DC-DCコンバータ

小型車載PMIC、ASILを必要とするADASアプリケーション用

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Multifunction PMICs
VIN (V) (min) 3
VIN (V) (max) 5.5
# Step-Down Outputs 2
# Step-Up Outputs 1
VOUT (V) (min) 0.8
VOUT (V) (max) 3.8
Package/Pins TQFN-CU/24
Budgetary
Price (See Notes)
3.99
Parametric specs for Step-Down/Up Switching Regulators
VOUT1 (V) (min) 0.8
VOUT1 (V) (max) 5.3
IOUT1 (A) (max) 0.8
Switch Type Internal
VOUT1 Tolerance (±%) 2
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
Alternate Topology Step-Down
Step-Up
Package/Pins TQFN-CU/24
全て表示する

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Multifunction PMICs
VIN (V) (min) 3
VIN (V) (max) 5.5
# Step-Down Outputs 2
# Step-Up Outputs 1
VOUT (V) (min) 0.8
VOUT (V) (max) 3.8
Package/Pins TQFN-CU/24
Budgetary
Price (See Notes)
3.99
Parametric specs for Step-Down/Up Switching Regulators
VOUT1 (V) (min) 0.8
VOUT1 (V) (max) 5.3
IOUT1 (A) (max) 0.8
Switch Type Internal
VOUT1 Tolerance (±%) 2
Synchronous Switching? Yes
Power Good Signal Yes
Alternate Topology Step-Down
Step-Up
Package/Pins TQFN-CU/24

主な特長

  • 複数の機能を小型サイズで実現
    • 同期整流750mAブーストコンバータ
    • 固定出力:5V
    • デュアル同期整流バックコンバータ:最大3.6A
      • 出荷時に設定可能:0.8V~3.8V (25mVステップ)
    • 設定可能なウィンドウ型ウォッチドッグ
    • 動作電源電圧:3.0V~5.5V
    • 2.2MHz動作
    • 個別のアクティブローRESET_出力
    • 高精度性能
      • 出力電圧精度:±1.9% (OUT1)
      • 出力電圧精度:±1.4% (OUT2、OUT3)
      • OV/UV監視:±1.3% (OUT1~OUT3、PV)
    • 優れた負荷過渡性能
  • 診断および冗長回路
    • ASIL-C準拠
    • 冗長リファレンス
    • オープン端子のフェイルセーフ
    • 短絡端子検出アクティブローRESET1~RESET3
    • 入力過電圧検出
  • 車載環境に対応する堅牢性
    • 電流モード、強制PWM、およびスキップ動作
    • 過熱および短絡保護
    • エクスポーズドパッドを備えた24ピンTQFN (4mm × 4mm)
    • 自動車用温度範囲:-40℃~+125℃

アプリケーション/用途

  • ADAS
  • インフォテイメント
  • SOC電源

説明

MAX20419は高効率、3出力、低電圧DC-DCコンバータICです。OUT1は入力電源を最大750mAで5Vに昇圧し、2つの同期整流ステップダウンコンバータは3.0V~5.5Vの入力電圧範囲で動作して、最大3.6Aで0.8V~3.8Vの出力電圧範囲を提供します。ブーストコンバータは全負荷、ライン、および温度範囲にわたって±1.9%の出力誤差を実現し、バックコンバータは±1.4%の出力誤差を実現します。このICは、ノイズ耐性および負荷過渡応答を向上させる2.2MHz固定周波数パルス幅変調(PWM)モードと、軽負荷動作時の効率を向上させるパルス周波数変調モード(スキップ)を備えています。2.2MHz周波数動作によって全セラミックコンデンサの使用が可能で、外付け部品が最小化されます。設定可能なスペクトラム拡散周波数変調は、電磁放射を最小限に抑えます。内蔵の低RDS(ON)スイッチは重負荷時の効率を向上させ、ディスクリートソリューションに比べてレイアウト作業を大幅に簡素化します。

このICは、出荷時にプリセットされた出力電圧で提供されます(利用可能なオプションについては「Ordering Information/Selector Guide (型番/選択ガイド)」を参照)。その他の機能として、ソフトスタート、過電流、および過熱保護があります。また、MAX20419は複数の冗長性および診断機能も備え、ASIL適合アプリケーションに対応します。

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。