先頭に戻る

光モジュール用、超小型TECパワードライバ

熱発生を50%削減する、業界最小、SFF/SFPモジュール用TECドライバ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Multifunction PMICs
VIN (V) (min) 3
VIN (V) (max) 5.5
# Step-Down Outputs 1
# Inverting Outputs 1
VOUT (V) (min) -4.3
VOUT (V) (max) 4.3
Package/Pins TQFN/20
Budgetary
Price (See Notes)
8.84
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Multifunction PMICs
VIN (V) (min) 3
VIN (V) (max) 5.5
# Step-Down Outputs 1
# Inverting Outputs 1
VOUT (V) (min) -4.3
VOUT (V) (max) 4.3
Package/Pins TQFN/20
Budgetary
Price (See Notes)
8.84

主な特長

  • 回路実装面積:0.31in²
  • 薄型設計
  • 内蔵パワーMOSFET
  • 高効率スイッチモード設計
  • リップル除去により低ノイズ
  • 直流制御によりTEC電流サージを排除
  • 可変加熱/冷却電流リミット精度:5%
  • TEC電圧リミット精度:2%
  • 低出力電流でデッドゾーンやハンチングなし
  • ITECによりTEC電流を監視
  • 電圧リファレンス精度:1%
  • スイッチング周波数:最大1MHz
  • 同期化(MAX8521)

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置(ATE)
  • バイオ技術研究設備
  • 光ファイバネットワーク機器
  • 光ファイバレーザモジュール
  • SFF/SFPモジュール

説明

MAX8520/MAX8521は、スペースが制約された光モジュール内の熱電クーラ(TEC)を駆動するように設計されています。両デバイスは±1.5Aの出力電流を供給し、TEC電流の制御によって有害な電流サージを除去することができます。FETを内蔵しているため外付け部品が最小限に抑制され、高スイッチング周波数によって外付け部品のサイズを小型化することができます。

MAX8520/MAX8521は単一電源で動作し、2個の同期ステップダウンレギュレータの出力間でTECにバイアスをかけます。この動作によって、低電流で「デッドゾーン」などの非直線性を伴わず温度を制御することができます。こうした構成のため、設定ポイントが自然動作ポイントに近接しても、制御システムはハンチングせず、加熱や冷却はわずかしか必要ありません。アナログ制御信号によって、TECの電流が正確に設定されます。

両デバイスとも、最大TEC電圧リミットとともに高精度の個別設定可能な加熱/冷却電流リミットを備えているため、光モジュールの信頼性を向上することができます。アナログ出力信号によって、TEC電流が監視されます。独自のリップル除去方式によって、ノイズを低減することができます。

MAX8520は5mm x 5mmのTQFNパッケージで提供され、スイッチング周波数は外付け抵抗で最大1MHzまで調節可能です。また、MAX8521は5mm x 5mmのTQFN、省スペース3mm x 3mmのUCSP™および36ピンWLP (3mm x 3mm)パッケージで提供され、500kHzまたは1MHzのスイッチング周波数がピン選択可能です。

簡易ブロック図

MAX8520、MAX8521:標準動作回路 MAX8520、MAX8521:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。